まちの先生紹介

先生の紹介Teacher

絵手紙 第二楽章の画像

絵手紙 第二楽章(えてがみだいにがくしょう)

指導内容 絵手紙

小池邦夫の絵手紙「ヘタでいい、ヘタがいい」の考え方を分かりやすく伝え、楽しく描き、交流しながら深め合います。

  • 費用

    実費

  • 指導対象

    どなたでも

  • 指導人数

    何人でも

  • 時間

    9:30~17:00

  • 地域

    市内どこでも

自己PR

かいて楽しい。受け取ってうれしい絵手紙。「手かき」は心を伝えます。
2月3日は絵手紙の日(2009年8月27日に認定)

資格

日本絵手紙協会公認講師

実績

公民館、コミュニティセンター、福祉施設、福祉センター、市民センターデイサービス、農協、学校、事業所など

私のアイディア提案Idea

企画名称

絵手紙をかいて身近な人に自分の想いを素直に伝えよう

◎絵手紙は、絵と書と言葉で心を伝える手紙(たより)です。
◎墨と筆を使ってかきます。(心のドキドキ、ウキウキ感を出しやすい)
◦ 半紙に線の練習をします。(縦線・横線・うずまき線)
◦ ハガキ(画仙紙ハガキ)に絵をかきます。
  ・モチーフは自然のもの(花・野菜など)
  ・よーく視てかこう
  ・下書きなしのぶっつけ本番
◦ 顔彩で色をつけます。
◦ 相手を想いうかべて、自分のことばをかきます。
◦ 印(落款)を押して、できあがり。
◎切手を貼って必ずポストインしましょう。

  • 指導対象

    どなたでも

  • 定員

    20人

  • 参加費

    500円

  • その他(特筆事項)

    絵手紙に上手・下手はありません。手本もありません、自分らしさを大切にします。 楽しくかくことが一番です。

まちの先生を探すFind a MACHI no SENSEI